東奥義塾高等学校

MENU

学校案内School Information

HOME > 学校案内 > 校歌・校旗

藩校の試験々

東奥義塾校歌
笹森順造 作詞/デンヴァー大学学生歌より

  • 1. 紫匂へる 久方の
    御空に真白き 神の峯
    (おりかえし)
    ひときわ立てるは 陸奥の
    こころの故郷 我母校
  • 2. 夷のかために 千代経たる
    常盤の老松 高き城
  • 3. 甍の姿を 織りなして
    藍に染めたる 水の面
  • 4. 紫に映ゆる 花牡丹
    白きは輝く わが御旗

校歌のルーツ

現行の東奥義塾校歌は、再興の1年後にあたる大正12年(1923)6月6日に制定されました。
作詞は再興初代塾長の笹森順造氏です。
早稲田大学卒業後、アメリカのコロラド州デンヴァー大学に学んだ笹森塾長は、留学時代慣れ親しんだ学生歌(Hailto Denver U)のメロディに、由緒ある校章や校旗を記した詞を重ねてこの校歌を創りました。


校旗の古代紫(大正時代の旗)

校旗の古代紫(大正時代の旗)

東奥義塾の校章徽章は、校色が王者の貫禄を表わす「古代紫」、一輪牡丹は純真を表わす「白」と制定されています。
それは1922年、再興第1回定期理事会で「本塾の前身・稽古館の創始者である津軽藩公の御紋にちなんだもの」と発案され津軽家へ申請。
「藩の略紋である一輪牡丹が最もふさわしかるべし」と申し越されたことに由来する格式ある立派なものです。