学校生活

学校生活 >部活動紹介 >パワーリフティング部

パワーリフティング部



 パワーリフティングは、スクワット・ベンチプレス・デッドリフトの三種目の持ち上げたトータルで競う競技です。2006年に創部され、2018年現在、パワーリフティング部としては東北地区で唯一。目標は「 継続 」です。
 本校のパワーリフティング部は、「スポーツは楽しむもの。プレッシャーを与えて伸びるとは限らない」という方針の下、自己新記録を更新し、その結果に順位がつけばよいという考えで活動しています。これまで入部した生徒のほとんどが全国大会や世界大会の標準記録を突破し、各大会へ出場しております。大会は、階級ごとに行われるので、体重が軽い方は心配はいりません。また、特に女子は全国的に競技人口が少ないので全国大会に出場できる可能性が高いです。
 さらに、ノーギアの最高峰の大会であるジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会で、1位から3位内、かつ世界大会派遣標準記録を超えることが出来れば世界大会へも出場できます。これまで2011年9月には男子120s級の選手がカナダで行われた世界大会に出場し、トータル第5位、2013年6月には女子72s級の選手がロシアで行われた世界大会に出場し、トータル第2位でした。また、2014年6月には、サブジュニア男子66s級の選手が南アフリカで行われた世界大会に出場し、トータル7位、ベンチプレスで銀メダルを獲得しました。2016年はアメリカ合衆国・テキサス州・キリーンで開催された世界大会にも59s級の選手が出場しています。
 パワーリフティング部では、中学校では別の種目で高校からパワーリフティングをやってみたい方、運動部に所属していなかった方で体を鍛えたい方も募集しています。



2018年7月現在の部員

1年生 6名
2年生 0名
3年生 2名

活動内容

〇練習日:火曜日、木曜日:16:45〜、土曜日:8:30〜
 テスト前1週間と試合前の1週間は休みとなります。

〇練習時間:1時間〜1時間30分(各自のメニューが終了したら帰宅)

〇場所:トレーニングルーム


戦績

                         
2006年7月 全日本高等学校パワーリフティング選手権大会
男子60s級・75s級出場
2007年3月 全日本選抜高等学校パワーリフティング選手権大会
男子60s級 5位入賞・6位入賞
男子75s級・85s級 出場
2008年3月 全日本選抜高等学校パワーリフティング選手権大会
女子56s級 2位
2009年3月 全日本選抜高等学校パワーリフティング選手権大会
男子+82.5s級 第4位
男子60s出場
2010年8月 第28回全日本高等学校パワーリフティング選手権大会
男子+82.5s級 第3位
男子60s出場
2011年4月 第61回埼玉県パワーリフティング選手権大会
サブジュニア男子+120s級 第1位
記録トータル 600s
2011年9月 世界サブジュニアパワーリフティング選手権大会
サブジュニア男子+120s級 第5位
記録トータル 660s
2013年6月 第1回ワールドクラシックパワーリフティング選手権大会
サブジュニア 女子72s級 第2位 記録トータル250s
2013年9月 第18回ジャパンクラシック
パワーリフティング選手権大会 健常者・身障者
兼ワールドクラシックパワーリフティング選手権大会選考競技会
サブジュニア 男子66s級 第1位 記録トータル320s
2014年6月 第2回ワールドクラシックパワーリフティング選手権大会
(南アフリカ、ヨハネスブルク)
サブジュニア 男子66s級 第7位 記録トータル390s
ベンチプレス112.5s成功し 2位
2014年12月 第1回アジア・オセアニアクラシックパワーリフティング選手権大会
(オーストラリア、メルボルン)
3年 鈴木 馨太
サブジュニア 男子66s級 第4位 記録トータル420s
ベンチプレス122.5sを挙上し2位ベンチプレスの記録はサブジュニア66s級のアジア記録と日本記録の新記録となりました。
2015年3月 第19回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権
(和歌山県広川町民体育館)
3年 鈴木 馨太
ジュニア男子66s級 第5位 記録トータル402.5s
2016年2月 第20回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会
男子サブジュニア
○59s級 第2位 松山 絢祐
○59s級 第3位 石田 輝彦
○59s級 第4位 村岡  和
○93s級 第1位 下山  淳
2016年5月 第1回 青森県高等学校パワーリフティング選手権大会
男子サブジュニア
〇59s級 村岡 和・・320.0s 第1位
〇74s級 三上勝矢・・262.5s 第1位
〇93s級 下山 淳・・442.5s 第1位
〇サブジュニアの部・・ベストリフター賞  下山 淳
2017年5月 第8回 青森県パワーリフティング選手権大会
男子サブジュニア
〇59s級 水谷 綾介・・トータル285s 第1位
〇93s級 念代 朋哉・・トータル392.5s 第1位
2018年5月 第11回 青森県パワーリフティング選手権大会
男子サブジュニア
〇59s級 水谷 綾介・・トータル377.5s 第1位

部活動一覧

[運動部]

弓道部 女子剣道部 男子剣道部 硬式野球部
サッカー部 水泳部 スキー部 ソフトテニス部
卓球部 チアリーディング部 テニス部 軟式野球部
バスケットボール部 バドミントン部 バレーボール部 ボクシング部
ラグビー部 陸上部 パワーリフティング部

[文化部]

JRC 英語部 合唱・吹奏楽部 東奥聖社
美術部 放送部 書道部 化学研究同好会
茶道同好会 将棋同好会 物理同好会
 

このページの先頭へ戻る

classi ToO Gijuku Topics 教員による連載小説 学校からの連絡 大学合格状況 資格取得状況 部活動紹介 図書館 東奥義塾 本の扉 動画紹介
ダイレクトメール等にご注意ください!!
最近、他企業から本校卒業生に対して「東奥義塾高等学校 同窓会名簿(名鑑)」の発行案内(往復はがき)が送付されているとの情報が寄せられています。本校同窓会では、名簿作成・販売の勧誘などのために卒業生・同窓生へのダイレクトメールや電話等を掛けることはありません。 同窓会の名前を語り、振り込みや申込みを勧誘することがありましたら、直ちに学校または同窓会にご連絡ください。

学校法人東奥義塾 東奥義塾高等学校
〒036-8124
青森県弘前市大字石川字長者森61-1
Tel:0172-92-4111〜5
Fax:0172-92-4116
E-mail:gijuku@gijuku.ac.jp

同窓会本部事務局
Tel:0172-92-4117
Fax:050-3399-2232

©2008 TOOGIJUKU HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.