学校生活

学校生活 >部活動紹介 >JRC

JRC


JRCとはJunior Red Cross の略で、「青少年赤十字」という意味です。青少年赤十字の実践目標は今以下の3つです。
1)生命と健康を大切にする。(健康・安全)
2)人間として社会のため、人のためにつくす責任を自覚し、実行する(奉仕)
3)広く世界の青少年を知り、なかよく助け合う精神を養う。(国際理解・親善)

また、【気づき、考え、実行する】という態度目標の上に活動しています。

部活はとても仲良く、楽しく行っています。文化部や生徒会、勉強との両立もできますし、何といってもボランティア経験は進路にも活かせますよ。
ぜひ、将来のため、自分のためにJRC部へ入部しませんか?

現在の部員数

3年生  9名(女子9名)
2年生  1名(男子1名)
1年生  1名(女子1名) 計11 名
顧 問  古川 一美(保健部長・家庭科)・佐藤 由香(24HR担任・国語科)

活動内容

毎週木曜日の昼休み12:20〜ミーティング。定期試験最終日の13:00〜16:00でロングミーティング。ミーティング場所は主に部室や学習室です。
またボランティア活動は主に土日、不定期で放課後に行っています。

主な1年間の活動内容

4月 桜まつり奉仕活動(弘前公園)、学校周辺ゴミ拾い
5月 救急法講習会
6月 地区トレーニングセンター(岩木青少年スポーツセンター・2泊3日)
保育園ボランティア
7月 愛の広場レクリエーションの集いボランティア
地区定例総会・義塾祭(展示&販売→募金)
8月 県トレーニングセンター(小川原湖少年自然の家・2泊3日)
24時間テレビボランティア
私学助成街頭署名運動ボランティア
9月 カルチュアロードボランティア
高総文壁新聞コンクール作品作り
10月 大清水学園祭ボランティア・赤い羽根共同街頭募金協力
高校総合文化祭 【壁新聞コンクール出展】
11月 地区こども・青少年赤十字の集い
校内赤い羽根募金活動
12月 保育園ボランティア
1月 県リーダーシップ研修会(小川原湖少年自然の家・2泊3日)
2月 保育園ボランティア
その他 校内イベントボランティア、緊急災害街頭募金、地区生徒役員会、全国高校総合文化祭参加 など

活動風景【2016〜2017】

弘前公園さくらまつり奉仕活動↓


24時間テレピボランティア↓
全国高校総合文化祭ひろしま総文↓

地区青少年子ども赤十字のつどい↓


大清水学園祭ボランティア↓
赤い羽根街頭募金↓

保育園ボランティア↓

指導教員

顧問  古川一美  竹内文隆


部活動一覧

[運動部]

弓道部 女子剣道部 男子剣道部 硬式野球部
サッカー部 水泳部 スキー部 ソフトテニス部
卓球部 チアリーディング部 テニス部 軟式野球部
バスケットボール部 バドミントン部 バレーボール部 ボクシング部
ラグビー部 陸上部 パワーリフティング部

[文化部]

JRC 英語部 合唱・吹奏楽部 東奥聖社
美術部 放送部 書道部 化学研究同好会
茶道同好会 将棋同好会 物理同好会
 

このページの先頭へ戻る

classi ToO Gijuku Topics 教員による連載小説 学校からの連絡 大学合格状況 資格取得状況 部活動紹介 図書館 東奥義塾 本の扉 東奥義塾高校と岩木山
ダイレクトメール等にご注意ください!!
最近、他企業から本校卒業生に対して「東奥義塾高等学校 同窓会名簿(名鑑)」の発行案内(往復はがき)が送付されているとの情報が寄せられています。本校同窓会では、名簿作成・販売の勧誘などのために卒業生・同窓生へのダイレクトメールや電話等を掛けることはありません。 同窓会の名前を語り、振り込みや申込みを勧誘することがありましたら、直ちに学校または同窓会にご連絡ください。

学校法人東奥義塾 東奥義塾高等学校
〒036-8124
青森県弘前市大字石川字長者森61-1
Tel:0172-92-4111〜5
Fax:0172-92-4116
E-mail:gijuku@gijuku.ac.jp

同窓会本部事務局
Tel:0172-92-4117
Fax:050-3399-2232

©2008 TOOGIJUKU HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.